太陽光発電

10kw分の太陽光発電システムに必要な費用

太陽光発電システムを導入することによって利用できる売電制度は、太陽光発電システムで発電した電力を電力会社に売却することによって利益を得る事が出来る制度なのですが、この制度は太陽光発電システムの規模によって全量買取制度か余剰買取制度のどちらかを選択できるようになります。全量買取制度はその名の通り全ての電力を売却する事が出来、余剰買取制度よりも多くの収益を得る事が出来ます。この全量買取制度を利用するには10kwの発電量をマークすることが出来る規模が必要となるのですが、この発電量をマークするにはどれだけの費用が必要なのでしょうか。

太陽光発電システムは昔と比べて大分安くなったと入ってもまだまだ高額な製品です。現在の相場は1kwあたり工事費込みで55万円といわれているので単純計算で10倍は必要になるでしょう。さらにそれだけ大きな電力だとパワーコンディショナーを追加する必要が出てきたりその他にも手を加えなければならないところが出てくる可能性もあるので詳しい費用は見積もりを見てみないとなんともいえませんが、それなりの費用が必要になるのは間違いないでしょう。その他にも設置後は定期的な整備も必要になるのでその費用も含めることを考えると相当余裕を持って予算組みをした方が良いかもしれません。

 

サイトマップ

太陽光発電の相場 太陽光発電の補助金 太陽光発電の価格相場 導入の理由 保証 ソーラーパネル 発電量と気候 メリット 太陽光発電で元はとれる? 太陽光発電のメリット 太陽光発電のデメリット 太陽光発電の価格 太陽光の発電効率 太陽光発電の仕組み 太陽光発電の蓄電 太陽光発電は停電時どうなる 太陽光発電の発電量 太陽光発電の問題点 ソーラーフロンティア パナソニック サンヨー 京セラ 三菱 シャープ カナディアンソーラー サンテックパワージャパン ミツウロコ 太陽光発電エコ 太陽光発電屋根 太陽光発電メーカー 太陽光発電温暖化 太陽光発電停電 太陽光発電補助金 太陽光発電価格 太陽光発電業者 太陽光発電売電 太陽光発電夏 太陽光発電オール電化 太陽光発電に関する口コミ 形状 形状2 結晶型 薄膜型 強度 セル 真南 交流 売電 屋根発電 阻害 交換効率 電量 特別法 低価格 賦課金 特措法 全量買い取り 引越し エコメガネ i アルミ 地域 デメリット 発電 素材 価格 メーカーと素材 寿命 熱と光 施工 キャンペーン情報
ナンパのテクニック